【ジャンプ】呪術廻戦:第31話「また明日」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第31話「また明日」

※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】呪術廻戦:第30話「我儘(わがまま)」あらすじ&ネタバレ
呪術廻戦:第30話「我儘(わがまま)」 ※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 真人の領域展開に取り込まれた七海...

宿儺の一撃で倒れる真人。

0.1秒宿儺に乗っ取られていた虎杖は、何が起こったのかわからない。

失血

限界

領域

七海

生存

”殺せる”

一瞬にして状況を飲み込み、真人に向かって走り出す虎杖。

真人は最後の呪力を絞り出し巨大化する。

虎杖もこれが最後の好機(チャンス)と感じ取り、全力の攻撃を繰り出す。

虎杖の一撃で破裂する真人。

何かを感じ取る七海。

虎杖は手ごたえのなさにうろたえる。

七海は排水口から逃げようとする真人を追いかけていた。

「楽しかったよ」

排水口を叩き壊す七海。

しかし、すでに真人の姿はなかった。

追いかけましょう、と七海が言ったその時、虎杖が倒れる。

地下へ逃げ込んだ真人。

宿儺の強さに圧倒されながらも、虎杖を殺したいという欲求に打ち震えていた。

肉体と違って魂は何度でも殺せる。

「次はどう殺してやろうかな」

真人はほくそ笑む。

遺体安置所を訪れる七海と虎杖。

虎杖のおかげで助かったという七海に、助けたのは自分ではなく宿儺だと虎杖。

そして、自分は人を殺してしまった。

人はいつか死ぬ、それなら正しく死んでほしいと願っていた。

でも、自分で引き金をひいて分からなくなった。

『正しい死って何?』

そう問いかける虎杖に、自分も分からないと答える七海。

そして、自分が助けてもらったように、君を必要とする人がこれから大勢現れる。

『虎杖君はもう

呪術師なんですから』

ようやく七海に認められた虎杖。

吉野について話す先生と伊藤。

何もしなかった先生に言われたくない、あれ以来左腕がまともに動かせないと伊藤。

お互い吉野の心を殺した罪を一生背負って生きていくのだと先生。

正しい死にざまなんてわかりゃしない

ならせめてわかるまで

アイツを殺すまで

もう俺は負けない

呪術師として歩み始める虎杖。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント