【ジャンプ】呪術廻戦:第36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第36話「京都姉妹校交流会ー団体戦③ー」

※2018年11月19日発売週刊少年ジャンプ51号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


京都校の虎杖襲撃より少し前—。

京都校が虎杖を追っている頃、東京校のパンダ班と伏黒班は異変を感じていた。

「京都校(アイツら)、虎杖殺すつもりじゃないですか?」と伏黒。

パンダもまた、「自分たちは虎杖が善人だと知っているが、知らない者からすれば宿儺の器は恐怖の対象でしかない」と京都校が虎杖の暗殺を計画していると考えていた。

そして現在、伏黒の”鵺(ぬえ)”に攻撃された京都校の西宮は、電撃によってダメージを受けていた。

そこに現れるパンダたち。

「にーしみーやちゃーん。あーそーぼっ」

その頃、加茂と対峙する伏黒は虎杖の暗殺について指摘していた。

加茂「その通りだ、と言ったら?」

伏黒「失敗したんですね。虎杖がこの短時間でやられるわけがない」

加茂「殺す理由がない」

伏黒「あるでしょ。上や御三家ならいくらでも」

一方、虎杖は東堂とタイマン勝負を続けていた。

パワーのみならず、素早さも長けている虎杖は東堂に引けを取らない。

ほぼ互角にやり合う虎杖の強さに喜ぶ東堂だったが…

「ちっっっがーう!!!」

東堂の叫びがこだまする。

東堂「虎杖!!その時間差でぶつかる呪力!!それはお前の悪癖だな?」

虎杖「逕庭拳(けいていけん)のことか?」

東堂「逕庭拳(ソレ)で満足している限り、オマエは俺に勝てん!!」

虎杖「!!」

東堂「そのレベルで満足していると、俺とオマエは親友ではなくなってしまう…いいのか?」

虎杖(どうしようそれは別にいい)

東堂「弱いままでいいのか?」

虎杖「よくねぇよ!!」

東堂「そうだろう!!親友(マイベストフレンド)!!」

東堂の妄想にはついていけないが、「弱い」と言われ虎杖は気合を入れる。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント