【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第205話「遠回り」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第205話「遠回り」

※2018年11月12日発売週刊少年ジャンプ50号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第204話「チューニング」あらすじ&ネタバレ
僕のヒーローアカデミア:第204話「チューニング」 ※2018年11月5日発売週刊少年ジャンプ49号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 飯田は家族との会話を...

『体の熱を限界まで引き上げろ!』

父・エンデヴァーの言葉を思い出す轟。

(氷結も炎熱に意に介さねェなら…)

そのまま体の熱をどんどんあげていく。

「退け。溶けちまうぞ」

エンデヴァー並みの熱量を放出する轟に、長くはもたないと踏んだ鉄哲は攻撃を仕掛ける。

轟はヤケドどころじゃすまないと警告するが、「格上と限界は超えるためにある」と聞く耳を持たない。

その頃、離れた場所で戦う角取も轟の放出した熱を感じ取っていた。

早く鉄哲のサポートに戻るべきと判断し、一気にケリをつけるべく技を繰り出す。

『サンダーホーン!!』

それを迎え撃つ障子。

角取は連撃を加える障子の隙をつき、背後から角で狙うが…

一瞬早く尾白がサポートに現れる。

角取を確保し安心したその時、骨抜の柔化で足を取られる障子と尾白。

一方、お互いに限界がきていた轟と鉄哲。

轟が一撃を食らわそうとしたその時、骨抜が加勢に入る。

「固める」

轟が意識を失いかけたその時、今度は飯田が現れる。

「今度は!!外さないぞマッドマン!!」

骨抜に一撃を加え、轟を救助しその場から走り去る。

立った一撃で致命傷を与えられた骨抜。

気を失ったら柔化が解除され、一気に形勢逆転となる。

(自分のミスで友達が負けんのは…嫌だ!)

「鉄哲、”これ”押せ!」

骨抜に言われ、最後の力を振り絞り建物の一部を飯田めがけて投げつける鉄哲。

『これは…!!全員…ダウン!!?』

実況の声が響く…。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント