【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第212話「続・受け継ぐモノ」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第212話「続・受け継ぐモノ」

※2019年1月7日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


両親はいつも疲れた顔をしていた

それが辛かった

初めてヒーロー活動を目にした時

活動よりも周りの人々の表情に目が行った

人の喜ぶ顔が好きだった

だから、困ってる人を助けることは当たり前だった

その当たり前がいかに大変なことなのか

余裕がなくて必死に助ける彼を

見てきたから思う

『ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう』

お茶子は暴走したデクに抱き着く。なんとか落ち着かせて暴走を止めようとするが、デクの意志ではどうにもならないと気づく。

そこで、お茶子は心操に助けを求める。

「心操くん!洗脳を!デクくんを”止めてあげて”!!」

そう言われた心操は、デクにどう問いかけるか考える。

体育祭でデクに負けてから、あの時とは違う自分を見せてやれるとワクワクしていた心操。

(また戦えるって!楽しみにしてたんだぜ!)

立派なヒーローになって

俺の”個性”を

人のために使いたい

「緑谷ァ!」

「俺と戦おうぜ」

自分の声で語りかける心操にデクは…

「~~~~ん゛ぉ゛お゛…」

「応!!」

その瞬間、暴走が止まりデクの体内へ戻っていく。

デクの意識の中。

「おめェェなァァァ!!!」

「違うんだよ違う!言ったさ!?確かに『一人じゃない』ってさ!?」

「時満ちたさ!?発現したさ!?でもさ!?」

「その力はもう!雑念マシマシで使っていいモノじゃアなくなってる」

突然、ファンキーなスキンヘッドがまくし立ててくる。

(歴代継承者の一人…!!)

「頑張りなさいよ!!」

あっけにとられるデクに向かって喝を入れる先代。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント