【ジャンプ】食戟のソーマ:第284話「死にゆく料理人」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第284話「死にゆく料理人」

※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】食戟のソーマ:第283話「狙う者、狙われる者」あらすじ&ネタバレ
食戟のソーマ:第283話「狙う者、狙われる者」 ※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 世界若手料理人選手権大...

いよいよ第一の門の試練が始まる。

最初の試練は「審査者」を満足させる一品を出せばクリアというルール。

そして、その「審査者」とは…数年前まで日本を本拠地に活動していた元・真夜中の料理人で、彼が味わう「最後の晩餐」にふさわしい一皿を出すことがお題だった。

審査者の時山は車いすに乗り、余命いくばくもないような老人。

しかし、現役の頃は屈強な腕と鋭い眼光であらゆる敵をねじ伏せる「無頼漢」として恐れられていた人物だった。

料理を出すチャンスは1回のみ。タイムリミットは2時間。

「最後の晩餐」という曖昧過ぎるテーマにうろたえる参加者たち。

5分間、時山へインタビューができると聞き殺到するが、創真は微動だにしなかった。

そんな創真に声をかけたノワールの男に

「なーんか…気に食わないんですよね。この試練の仕組み自体が…!」

と答える。

一方、参加者の質問にのらりくらりと答える時山。

一見すると弱り切った老人にしか見えないが、その目には鋭い光をたたえていた。。

参加者がどんどん不合格になるなか、ノワールメンバーだけは順調に合格を手にしていた。

(くひひひ…悪いねぇ。この試練 実は、俺たちノワールにとってのラッキー&サービス問題なのさ)

創真に話しかけた男も合格する。

参加者は審査をする時山をただの老人と思い料理を作っているが、それ以前に「元ノワール」であることが重要だった。

さらに…

(こういうお題は”裏”の世界じゃ日常茶飯事なのさ)

組織内で処刑を待つ者の最期の食事を依頼されたり、獄中で臨終しそうな者へ差し入れをするなど…

この試練をクリアするためには、『もう死んでもいい』を思わせるような全力の品をぶつける必要があったのだった。

「表の料理人にとってはかなり不利なお題だったな」

ふと創真を見るノワールの男。

『最後の晩餐だぁ?気に食わねーなぁ…!!』

料理も作らず、ただ怒り続ける創真。

その怒りの矛先は…!?


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント