【ジャンプ】鬼滅の刃:第142話「蟲柱・胡蝶しのぶ」あらすじ&ネタバレ

鬼滅の刃:第142話「蟲柱・胡蝶しのぶ」あらすじ

※2019年1月21日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


幼い頃の童磨。

彼の両親は極楽教を作り、童磨を神が見える神童として崇め奉った。

極楽教の信徒は童磨に泣きすがり、極楽へ導いて欲しいと頭を下げる。

童磨は泣いた。頭の悪い人々が可哀想で泣いた。

神や仏など存在しない。何十年も生きていて、そんな簡単なことも分からない彼らが哀れだった。

そんな気の毒な人たちを幸せにしてあげたい、助けてあげたい。そのために自分は生まれてきたのだと思っていた。

現在に戻り、胡蝶の毒を5回喰らった童磨。

「これもダメだね、効かないや」

胡蝶は童磨の血鬼術で肺にダメージを受けていた。

「肺胞が壊死してるから辛いよね」

余裕を見せる童磨に、連撃で大量の毒を撃ち込む胡蝶。

素早い攻撃を受けて血を流す童磨だが、胡蝶も斬られていたのだった。

「毒じゃなく頸を斬れたら勝てたかも」

「あー無理かぁ。君小さいから」

膝をついて血を流す胡蝶は「小さい」と言われて姉・カナエとのやり取りを思い出す。

あとほんの少しでも体が大きかったら

鬼の頸を斬って倒せたのかなぁ

カナエは華奢ではあったが、自分よりも背が高かった。

身体が大きな悲鳴嶼が羨ましかった。

「多分しのぶは…」

そこでやめたカナエが死の間際に言おうとしたのは…

『あの鬼に負ける』

そう言おうとしてやめたのだと気づいていた。

肺を斬られて息ができない胡蝶の前に、カナエの幻が現れる。

「しっかりしなさい。泣くことは許しません」

立ちなさい、とカナエに言われるが、失血が多く息ができないから立てないと弱音を吐く胡蝶。

「関係ありません。立ちなさい。蟲柱・胡蝶しのぶ」

倒すと決めたなら倒しなさい

勝つと決めたなら勝ちなさい

どんな犠牲を払っても勝つ

私とも、カナヲとも約束したんでしょう

倒れた胡蝶に歩み寄る童磨。

「しのぶならちゃんとやれる。頑張って」

カナエの言葉を聞き、立ち上がる胡蝶。

その姿を見て驚く童磨。

「君ホントに人間なの?」

胡蝶は血を吐き、肺からはゴロゴロと音がする。

「肺に血が入ってるから想像を絶する痛みだろう。俺がすぐにストンと首を落としてあげるから無理しないで!」

君はもう助からないよ、と笑顔を見せる童磨。

胡蝶は最後の力を振り絞って童磨の頸を狙う。

素早く四方八方に動き回り、胡蝶の攻撃が読めない童磨。

扇で斬りつけるが、捉えたのは羽織だけだった。

胡蝶は小さい体を利用し、童磨の足元・低い位置へ入り込む。

そして、勢いよく童磨の頸を突き上げる。

意表を突かれた童磨は防ぐことができず、胡蝶の刃は頸を貫くのだった。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント