【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第214話「ぼくらの大乱戦」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第214話「ぼくらの大乱戦」あらすじ

※2019年1月28日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


試合続行を決めた相澤先生の判断に疑問を持つオールマイトたち。

「まだやる気だからです」

緑谷も
心操も

全員まだ勝ちに行く気だ

疑問に対し、そう答える相澤先生。

一方、心操と捕縛布を掴み合っているデクは、力負けして倒されてしまう。その様子にいったん退いて立て直そうと声をかけるお茶子。

しかし、デクは「心操が目の前にいる今が勝つチャンスだ」といって、お茶子に手を貸して欲しいと頼む。

その頃、芦戸と峰田はB組チーム3人を相手に戦っていた。人数の面で不利だと思われたが、機転の効いた立ち回りで善戦する芦戸たち。

観戦しているB組生徒は、庄田が1人で近接戦が苦手な2人を守りながら戦わなければいけないため、逆に不利になっていると話す。

デクの暴走を目の当たりにした耳郎は、先生たちが止めに入らないのかと呟き、デクとお茶子を心配する。

そんなデクとお茶子に物間が接近する。

「君の”力”…貰ったよ!!」

さきほどの攻撃でデクの力を手に入れたと告げた物間の右手は、まさにO・F・Aを発動した状態のデクと同じように見える。

物間はお茶子に襲い掛かるが、力は発動せず抑え込まれてしまうのだった。

その様子を見ていた心操が物間を助けようとするが、捕縛布を持ったデクが心操の目の前に現れる。デクは心操の懐に潜り込むため、お茶子に頼んで無重力にしてもらっていた。

心操に掴みかかるデク。その拍子に心操の変声機が外れる。

「体育祭ぶりだな、取っ組み合うのは!」

デクはこの状態で心操を見失ったらマズいと考えていた。

一方、心操は相澤先生から受けた特訓を思い出していた。

「あの時の俺とは違うぞ、緑谷!!」

捕縛布を操り、大きなパイプを何本もデクに向けて放つ心操。

(今の一瞬で!?避けられない!)

今朝と違って不思議と不安が晴れていた

あの人の持つ雰囲気・声色…

色んなものが、オールマイトと似てたから

『俺達を使いこなせ』

先代の言葉が脳裏によぎったデク。

彼の手からは先代の個性「黒鞭」が発動していた。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント