【ジャンプ】呪術廻戦:第44話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑪ー」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第44話「京都姉妹校交流会ー団体戦⑪ー」あらすじ

※2019年1月28日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


幼い頃の加茂。

「なんで皆、母様を虐めるのですか」

『爛(ただ)れた側妻(そばめ)だからよ』

成長した加茂。

「では何故、私を贔屓する?何故嫡男と偽り迎えた!」

『正室が術式を継いだ男児を産めなかったからよ』

(ならば…加茂家次代当主として…)


近接戦で戦う伏黒と加茂。

自分と互角に戦えている伏黒を「成長したね、嬉しいよ」と褒める加茂。

「ちょいちょい出してくる仲間意識なんなんですか?」と問われ、「君はゆくゆく御三家を支える人間になる」と答える加茂。

そして

「私は、虎杖悠仁を殺すつもりだ」

と宣言する。

伏黒は「楽巌寺学長の指示ですか?」と問うが、「私個人の判断だ」と加茂。

「それが御三家…加茂家の人間として、正しい判断だと思っている」

君と私は同類だから理解できるだろうと言われるが、伏黒は「違います」と突っぱねる。

自分にはもう禪院家との繋がりはない、と伏黒。

「俺は自分が正しいとか間違ってるとかどうでもいいんです」

「ただ俺は、自分の良心を信じてる」

その良心に従って人を助けている。それを否定されたら…

「呪い合うしかないですよね」

伏黒が構えると、加茂の背後にカエルの式神が現れる。

咄嗟に振り返る加茂。しかし、式神はそのまま崩れ去るのだった。

(解除前の式神を囮に使ったのか!)

その隙に、象型の式神を呼び出す伏黒。

加茂は先手を取ろうとするが、式神は鼻から水を大量に噴出する。

壁を破壊し、外へ圧し出される加茂。

(広い場所はマズい!アレが来る!)

伏黒「鵺(ぬえ)」

加茂に素早く攻撃を仕掛ける鵺の式神。

加茂は母との別れを思い出していた。

『私がいると…憲紀の邪魔になるから』

そういって去っていった母。

「私は…負けるわけにはいかないのだ!!」

赤血操術で鵺を捕縛する加茂。

再び二人が相まみえようとしたその時、建物を覆うほどの物体が現れる。

そして、屋根の上には狗巻の姿が。

「狗巻先輩!?」

伏黒に気づいた狗巻は

「逃 げ ろ」

と告げる。

巨大な物体は伏黒と加茂めがけて襲い掛かってきた。

「派手にやってんなァ」

地響きを聞いて呟く花御。

「でもなあ、呪霊はなあ、死んだらなんも残んねぇからなぁ」

「何も作れねぇよなぁ!」

そう言って、斧を使って何かを地面に打ち込む。

そして

「闇より出でて闇より黒く…その穢れを禊ぎ祓え」

その呪文に反応し、黒い物体が現れる。

「楽しみだなぁハンガーラック」

花御は不敵にほほ笑む。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント