【ジャンプ】鬼滅の刃:第145話「幸せの箱」あらすじ&ネタバレ

鬼滅の刃:第145話「幸せの箱」あらすじ

※2019年2月9日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


上弦の壱に遭遇した獪岳は、鬼になりたいと懇願する。

圧倒的強者に跪くことは恥じゃない

生きてさえいればなんとかなる

死ぬまでは負けじゃない

地面に頭をこすりつけようが

家がなかろうが

泥水をすすろうが

金を盗んだことを罵られようが

生きてさえいれば

いつか勝てる勝ってみせる

そう信じて進んできたんだ

跪き懇願する獪岳に、「あの方に認められれば…我らの仲間となるだろう」と言って、獪岳の掌に鬼の血を与える。

「一滴たりとて零すことまかりならぬ。零した時にはお前の首と胴は泣き別れだ」

獪岳は血を飲み干し、鬼となった。

「死んで当然なんだよォォ!爺もテメェもォォ!」

獪岳は雷の呼吸・弐の型で斬りつける。

「大勢人を食ったな!もう善悪の区別もつかなくなったんだろ?」

善逸の問いかけに、「俺を正しく評価し認めるものは”善”!低く評価し認めない者が”悪”だ!」と答え、参の型を繰り出す獪岳。

さらに畳みかけるように伍の型・陸の型で善逸を追い詰める。

「どうだ!?血鬼術で強化された俺の刀の切れ味は!」

斬撃を受けた部分がひび割れ、満身創痍の善逸。

「俺は特別だ!お前らとは違うんだ!」

叫ぶ獪岳を見つめながら、昔を思い出す善逸。

獪岳が俺のことを嫌っていたのは十分わかっていたし

俺だって獪岳が嫌いだった

でも

尊敬してたよ

心から

アンタは努力してたしひたむきだった

いつも俺はアンタの背中を見てた

特別だったよアンタは

爺ちゃんや俺にとって

特別で大切な人だったよ

だけどそれじゃ足りなかったんだな

爺ちゃんごめん

俺たちの道は分かたれた

ごめん…”兄貴”

善逸は態勢を立て直し反撃する。

雷の呼吸 漆の型

火雷神(ほのいかづちのかみ)

一撃で獪岳の首を斬り落とす。

「畜生!畜生!やっぱりあの爺贔屓しやがったな!」

お前にだけこんな型を教えて、と悔しがる獪岳に、

「これは俺の型だよ。俺が考えた俺だけの型。いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

落下しながらうつろな瞳で呟く善逸。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント