鬼滅の刃:第112話「遷移変転」あらすじ

鬼滅の刃:第112話「遷移変転」

※2018年6月4日発売週刊少年ジャンプ27号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。

\第111話あらすじはコチラ/

鬼滅の刃:第111話「芸術家気取り」あらすじ
鬼滅の刃第111話:芸術家気取り ※2018年5月28日発売週刊少年ジャンプ26号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。 時透たちに自己紹介をする玉壺。 自分の作品を見て欲しいと出したの...

鬼の襲来に混乱する刀鍛冶の里。

そこへ到着する恋柱(蜜璃)。

『遅れてごめんなさい!みんなすぐ倒しますから!!』

そう言いながら軽々と鬼を倒していく。

里の長が鬼に襲われているところに現れ

『恋の呼吸 壱の型…

初恋のわななき!!!』

あっさりと倒してしまう。

鬼の手から落下する里の長・鉄珍を受け止める蜜璃。

息も絶え絶えに

『若くて可愛い娘に抱きしめられて

何だかんだで幸せ…』

そうつぶやく鉄珍。


一方、鬼の攻撃を受けて気絶していた炭治郎を担いで逃げ回る禰豆子。

建物を破壊し足止めをしようとする可楽。

瓦礫の下敷きになりながらも、刀を離さない禰豆子。

その時、禰豆子の血で刀が燃え上がり…

『爆血刀(ばっけつとう)』に変化した。

–第112話おわり–


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

コメント