食戟のソーマ:第266話「創真と恵の湯けむり事件簿~其の2~」あらすじ

食戟のソーマ:第266話「創真と恵の湯けむり事件簿~其の2~」

※2018年6月11日発売週刊少年ジャンプ28号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。

\第265話あらすじはコチラ/

食戟のソーマ:第265話「創真と恵の湯けむり事件簿~其の1~」あらすじ
食戟のソーマ:第265話「創真と恵の湯けむり事件簿~其の1~」 ※2018年6月4日発売週刊少年ジャンプ27号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。 \第264話あらすじはコチラ/ ...

旅館で目覚める恵。

創真と同じ部屋で二人きりだったが、疲れ切った二人はすぐに寝てしまったようだ。

創真がいないことに気づく恵。

創真は調理場で手伝いをしていた。

その後、朝食を食べながら板長と話す創真と恵。

「失踪した風見の湯の板長と顔見知りだった。お得意さんを放っておいて消えるような男じゃない」

何かあったのでは…という板長。

そこへ、従業員が飛び込んでくる。

なんと、また別の旅館も突然の休業で、関係者の誰とも連絡が取れなくなっていた。


前日の聞き込みで話を聞いた主人が行方不明と聞いて、妖怪の仕業ではと言い出す創真。

休業した旅館に宿泊するはずだった客が現れ、その中には遊技場にいた外国人旅行客がいた。

日本びいきだと言う外国人旅行客を乙鳴旅館に案内する創真と恵。

接客も良く食事も美味しいと伝え、その場を離れる二人。

その言葉にかすかに反応する外国人旅行客。

歩きながら妖怪の仕業というのは嘘だと話す創真。

休業になった旅館を覗いたところ、高そうな家財道具はそのまま残されていたのに、厨房の調理道具だけがなくなっていたことに気づいた創真は、神隠しではなく自分からいなくなったと言い出す。

換気扇が回しっぱなしで、三人分の食器が調理台に残されていた。

『まるで…食戟でもやった直後みたいに…』

聞き込みを終え、旅館に戻ってきた創真と恵はそれぞれくつろいでいた。

その時、大きな音が旅館に響く。。

–第266話おわり–


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

コメント