【ジャンプ】約束のネバーランド:第115話「ジンとハヤト」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第115話「ジンとハヤト」

※2018年12月10日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


『人間!!?』

なぜこんなところに人間が…と思案するレイ。

「助けなきゃ」と鬼に向かっていくエマの声でハッとする。

そして、大型の鬼に囲まれる男性2人を、間一髪のところで救出する。

「動くな」

レイは呆然と立ち尽くす男の背後から銃を突きつける。

「何者だ。ここで何してる」

敵か味方か…他の仲間の存在やラートリー家との繋がりについて考えていると、男が急に振り向き…

『ありがとうございましたァッ!』

と、勢いよく土下座をして泣き出す。

『怖かった~~!死ぬかと思った~!』

本当にありがとうございました、と礼を言いながらエマに縋りつく。

その時、もう一人の男が「オイ離れろ!命の恩人に失礼だろうが!」と制止する。

そして二人はハッとして…

『人間!!?』

かなりの時間差で驚く。それを見て

「遅ぇよ!!」

とツッコミを入れるレイたち。

『俺はジン。こっちはハヤト』

ここで何をしているのかとエマに問われ、ある人の下で任務に当たっている、と話すジン。

その時、ハヤトがエマの首にある数字に気づく。

『あ゛~~~~!!!』

と大声で叫び、「ミネルヴァの命令であなたたちを探していた」と告白する。

仲間たちのもとへ案内されたジンとハヤト。

「脱走者」を見て感動し、リスペクトしていると興奮する。

彼らのボスがミネルヴァで、食用児を解放して一大集落を築いていると説明を受けるエマ。

『ボスはすごいんです!』

たった半年でいくつもの農園を潰し、何百という食用児を救ったとハヤト。

『俺達もボスに救われた。全員…救われたんです』

彼の胸にも、食用児の刻印が入れられていた。

そして、ミネルヴァのメッセージを受けて指定された場所へ向かっているエマたちに、自分たちに案内させて欲しいと申し出る。

食糧も豊富で医療設備もあり安全だというハヤトたちの言葉に、ミネルヴァが生きていたと喜ぶエマ。

しかし、その話を聞いていたレイの表情は暗い。

「なあジン。アジトはここからどのくらいだ?」

「”キリンの首”からは近いのか?」

その問いかけに「?”ライオンのあご”ですよ?」と返すハヤト。

レイは二人が嘘をついているのでは?と疑い、試したのだった。

「疑って悪かった。ぜひ案内を頼みたい」

頼もしい味方を得て、安どするエマ。

「もうちょっとだからね」

とクリスに声をかけた時、彼の容体が悪化していることに気づく。

「このままではクリスは助からない…」

ミネルヴァのところへ到着するのは、早くても3日はかかる。

「明日の朝までもつかどうか…」

愕然とするエマに、ハヤトが声をかける。

『まだ手はあります。諦めちゃダメです』

この近くに農園がある。そこで薬を手に入れようと提案するハヤト。

『さぁ、手引きします。農園へ潜入しましょう』


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント