【ジャンプ】ハイキュー!!:第329話「全国三大エース」あらすじ&ネタバレ

ハイキュー!!:第329話「全国三大エース」

※2018年12月3日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


桐生の強烈なアタック。

レシーバーを吹き飛ばすほどの威力だ、と実況も興奮気味に解説する。

試合を見ながら冷静に分析する研磨と黒尾。

研磨「桐生はパワーだけでなくジャンプもすごい」

黒尾「貉坂はフィジカルトレーニングに力入れてる」

研磨「打ち方が面白い。普通より左に傾いてる」

山本「桐生はスパイクの時、利き腕にできるだけ体重を乗せる打ち方を意識しているらしい」

黒尾「パワー重視型だよな。精密に打ち分けるのではなく”ぶっ放す系”」

研磨「パワー系全国三大エース?そんな人のスパイク触ったら腕ハジケんじゃん」

黒尾「高さとパワー…それだけでおっかねーワードだけど奴はたぶん…それだけじゃない」

桐生、中2時代の回想シーン。

当時から大活躍だった桐生。全国大会の対戦相手は、すでに頭角を現していた牛島在する白鳥沢。

桐生も牛島もお互いに執拗なマークを受ける。

牛島はどんなに厳しいマークでも打ち負けなかったが、桐生は心が折れてしまいオーバーハンドで返すのが精一杯になってしまうのだった。

自分たちが桐生に頼り過ぎて負けた、と謝るチームメイトに

(なんであやまる…謝らんでくれ)

「全部呼ぶけん…全部打つけん」

悔し涙が溢れる桐生。

現在に戻り、低いトスにも短い助走で合わせて打つ桐生。

決して打ちやすい球じゃなかった、どんな球でも得点に繋げる『悪球打ちの桐生』と絶賛する実況。

スパイクの助走は2歩・3歩助走が普通だが、今の助走は1歩。返球するだけで精一杯だったり、無理に打ってもブロックに阻まれてしまうような場面でも彼は”合わせる”。

「桐生は器用さと強引さが混在したスタイルの選手だ」と解説する。

桐生は過去の経験から、どんな球でも打ってみせる選手に成長していた。

そんな桐生の強打が木兎めがけて飛んでくる。

(やべ、出すぎた。アンダー無理。オーバーも)

一瞬で判断した木兎は…

「ン゛ン゛ーーッ」

仁王立ちし、胸で受ける。

『ナイスレシーブ!!』

桐生たちが驚く中、自画自賛する木兎。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

💡2018/12/4:コミックス35巻発売💡

コメント