僕らは奇跡でできている:第10話(最終話)あらすじ&ネタバレ

僕らは奇跡でできている:最終話(12月11日放送)あらすじ

樫野木(要潤)から「迷惑なんだよ。消えてほしい」と強烈な言葉を浴びせられた一輝(高橋一生)は、大学を休んで森へ。帰宅した一輝のもとに届いたのは、沼袋(児嶋一哉)からの一枚のメモだった。

次の日一輝は、鮫島(小林薫)に「ここを辞めます」と辞職を願い出る。それを知った新庄(西畑大吾)、琴音(矢作穂香)、桜(北香那)、須田(広田亮平)らは、どうにかして一輝を引き留めようと、育実(榮倉奈々)に説得を頼む。一輝の辞職を知らなかった育実は驚き、治療に訪れた一輝にその理由を尋ねるが…。

その後、休講にした分の講義の振替のため、一輝は学生たちを連れてフィールドワークに出かける。一方の樫野木も、鮫島のもとを訪れて…。森で学生たちから辞職する理由を問い詰められた一輝は、ついに自らの決断を語り、一同を驚かせる。

一輝の決意に刺激を受けた育実、樫野木、沼袋、学生たち…一輝が巻き起こした波紋に影響を受けた周囲の人々が、最後に下す決断とは?そして、大学を辞めることを決意した一輝は、いったいどこへ!?

出典:公式サイト

一輝は学生たちを連れてフィールドワークへ。誰かが現れるのを待っている様子の一輝。誰も現れず、森へ向かうと、そこに樫野木の姿が。

樫野木は鮫島に、家族を養うためにフィールドワークをやめたこと、楽しそうにフィールドワークをする一輝が羨ましかったことを告白していた。

一輝に「離婚をした本当の理由は、自分の不甲斐なさを周囲のせいにしていた自分に妻が愛想を尽かしたからだ」と話す樫野木。

そして、大切に持っていた結婚指輪を埋めると言う樫野木に、「これに入れて埋めませんか?」とプラスチックのカプセルを見せる。

「奥さんは戻ってきます」何度もそう断言する一輝。

樫木(実際は樫木ではなかった)の根元に指輪を埋める一輝に、自分のせいで大学を辞めるのか?と問う樫野木。

一輝は「樫野木先生の”おかげ”で辞めるんです」と答える。しかし、「なぜ辞めるのか」については話そうとしないのだった。

フィールドワークが終わると、一輝は学生たちから「大学を辞めることについてちゃんと説明して欲しい」と言われる。

「宇宙へ行きます。フィールドワークです」

笑顔で答え、空を見上げる一輝。学生たちや樫野木もつられて空を見上げる。

鮫島に宇宙へ行くことを話す一輝。虫歯の治療や水泳の練習もその一環だった。

インプラントはお金がかかると言う一輝に、「ここで講師を続けながら準備すれば?」と提案する鮫島。

育実は自分のクリニックでもインプラントを始めた、と一輝に話す。「ただ継ぐだけじゃなく、これからは”私の”クリニックにする」と笑顔で語る育実。

一輝は「自分は水本先生でできています。宇宙へ行くためにロシア語や水泳など、興味がないことをやろうと思ったのは初めてで、それは水本先生のおかげです」と感謝を伝える。

そして、家政婦の山田さんは自分の母親で、「オオカワラさん」という友達は本当はいないことを告げ、混乱する育実に「自分が宇宙へ行っている間、山田さんが寂しがらないよう時々会いに行って欲しい」とお願いする。

一輝が自宅へ戻ると、山田さんが「オオカワラさんと長野へ行ってきた」と美味しそうなリンゴを見せる。一輝は自室へ入るが、「僕の部屋に入りましたね。ゴミが捨ててありました」と、いつものように山田さんに注意をする。

自転車で大学へ向かう一輝。到着すると、「遅刻ですよ!」と事務長が走ってくる。

樫野木は今までと違い、楽しく講義をしていた。そんな樫野木に興味を持つ琴音。

沼袋(コンチューバーN)の弟子になった新庄は、「コンニャッぷるん」としてユーチューバーになる。

虹一は母にテストを見せる。10点の答案を見た母は、「虹一。…「虹」っていう字、キレイにかけてるね」と笑顔で褒める。

一輝の祖父に食事を作る山田さん。一輝の話をしながら、二人で月を見上げる。

そして…一輝は宇宙へ。(エンディング)


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

各話あらすじ

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

参考リンク

YouTube

コメント