【ジャンプ】HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)第385話「警告」あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)第385話「警告」

※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)第384話「抗争」あらすじ
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)第384話「抗争」 ※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ シャ...

8日目(日曜日)PM7:35—。

”絶”の修行を続ける第4王子(ツェリードニヒ)。

テータは確実に第4王子を仕留めるためには、”絶”をマスターさせて40分以上維持させることが必要だと考えていた。

それまで物音や問いかけに反応しては守護霊獣が現れていたが、スイッチが入った第4王子は完璧な”絶”状態に。

テータが銃を取り出したその時、船内アナウンスが流れる。

テータは躊躇するが、第4王子の”絶”は見事に継続していた。

素晴らしいです王子…

非の打ち所のない”絶”…

この才能を

他人のために使える人格者であれば…

せめて一撃で

楽にして差し上げます

スピーカーからはセンリツのフルート演奏が流れていた。

テータは第4王子の頭を撃ち抜いた。

『そして私も、すぐ後を…』

しかし、ハッと気づくテータの前から第4王子の姿が消えていた。

護衛が銃声に気づき部屋に駆け込む。

「修行の一環だ、問題ない」

テータの背後には第4王子の姿が。

混乱するテータに第4王子の守護霊獣が語り掛ける。

『次ニ 王子ノ質問ニ偽リデ答エレバ オ前ハ人間デナクナル』

気を失い倒れるテータ。

護衛からの報告で、時間が飛んだと聞く第4王子。

BGMで流れていたセンリツの演奏が原因では?と言われ、「招待」という名目でセンリツを呼び出すよう指示を出す第4王子。

運ばれた部屋で目が覚めるテータ。

サルコフから「後は俺がやる」と言われ「今さら後に引けない」と断る。

サルコフは鏡を渡し、テータの顔に現れた”記(しるし)”を確認させる。

その”記”は第4王子の守護霊獣によってつけられたものだった。

最初の嘘で傷のマーキングをし、次に言葉と記で警告をする。

そして、警告に反すれば「人間じゃない何か」に変えられてしまうのだった。

「人間じゃない何か」になれば、王子の手駒になる。

『お前がいま動けば、王子が有利になるだけだ』

サルコフは「休んでいる間に作戦を考えてくれ」と頼む。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント